06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-08-01 (Wed)
201207037.jpg
VOCALOID3 結月ゆかり
VOICEROID+ 結月ゆかり

買った! 買ったよ! 買ったった!!
というわけで、今回は似て非なるものである両ソフトのレビューです。

【購入の動機】
パッケージもパーカーを被っているか被っていないかの違いという、非常に分かりづらい仕様ですが、やれる事が全然違うソフトです。でも声も人物設定も同じ。

それぞれ何をするソフトかというと、VOCALOID3(ボーカロイド)の方は、初音ミクなどで有名な歌を歌うソフトです。エディターで曲に合わせて声を埋め込み、細かく微調整して歌として仕上げる為に必要なソフトです。

VOICEROID+(ボイスロイド)は、文章を読み上げるソフトです。よくニコニコ動画などで公開されている実況動画で「ゆっくりボイス(Softalk)」と呼ばれるものが使われていますが、あれをもっと高度化して、VOCALOID版と同じ声優さんが元になる声を導入したものです。

ちなみに私は作詞能力も作曲能力も皆無なので、VOCALOIDを買う理由が本来はありませんが、このVOCALOID3 結月ゆかりには、追加音声(exVOICE)として様々な台詞の音声ファイルが付属しているという特典が! この追加ボイスが非常に魅力的なうえに、数も多く、公式サイトでも定期的に追加されているのです! このボイスを実況動画に使いたくて、VOCALOIDの方も購入したというわけです。

※公式サイトからダウンロード出来る追加音声は、製品版を公式サイトでアクティベーション(製品登録)していないとダウンロード出来ません。


【パッケージ内容の紹介】
201207038.jpg
パッケージ裏。この手のソフトだと妥当な構成。

201207039.jpg
まずはVOCALOIDの方からインストールだー!(バリバリー
あっ! ケースの内側のディフォルメゆかりんは公式でも見たこと無い絵だ! 可愛い!

オレンジの紙には「シリアルが同封されているビニールを開封すると、製品に問題ないと同意したという事になるから返品しようとしても受け付けないよ」とか「商用活動じゃなければ、同人等にゆかりんを使ってもいいよ」みたいな規約と同意を求める文章が書かれています。DVDが割れていたり、傷が入っていたり、同梱物に欠品が無いかよく調べてから開封しましょう。ちなみに私は適当にしか確認しませんでした(ぉ

201207040.jpg
続いてVOICEROIDを開封してインストール! パッケージの構成はどちらもほぼ同じです。やはりこちらにも規約&同意書と、封をされたビニールにシリアルが書かれた紙が入っています。

ちなみに封をされたビニールに入っているのはシリアルが書かれた紙の他に、サポート用の番号が書かれた紙も入っています。サポートはシリアルで管理されるのではなく、このそれぞれに付属しているサポート番号で管理されるみたいです。他に見たことがない変わった仕様。

201207041.jpg
拡大。こんな風に書かれています。

201207042.jpg
ちなみに、VOCALOIDの方にはマニュアルらしいマニュアルは付属していません。VOCALOIDの事は詳しくないので分かりませんが、VOCALOIDはエディターがあり、結月ゆかりをはじめとするバリエーションが多数存在するので、結月ゆかりもボイスバリエーションの一種でしかないので、エディターの使い方自体はエディター側の説明書で理解してね、という事でしょうか。

代わりにVOICEROIDの方はPDFマニュアルも存在しますが、普通に全機能の解説が書かれたそれなりの厚みがあるマニュアルが付属します。パッケージもVOICEROIDの方が分厚いです。


【ソフトの使用感】
VOCALOIDはexVOICEが欲しかっただけなので、ソフトの体験レビューはありません。相当微調整すれば、VOICEROID並みに喋らせる事が出来るかもしれませんが、どう考えても労力に見合わないので、やはり読み上げはVOICEROIDにお任せした方が良いです。

VOICEROIDは素晴らしいです! 数々の実況動画を見て、購入意欲を掻き立てられるほど素晴らしいのは分かってはいましたが、自分で触ってみてもやっぱり凄いと感じます。Softalkは基本的な機能しかないので、かなり機械音声な印象が強く、読み上げれる単語も乏しいために、かなりの調教(辞書登録)が必要になりますが、VOICEROIDの場合は、既に一般的な会話で用いられる単語はほぼ網羅されており、なめらかに読み上げてくれます。

おかしな発音をする単語があれば、単語登録機能でその単語の正常な読み方と発声を調整すれば、次からはきちんと読み上げてくれます。さすがに造語等、ネットスラング(リア充や厨二病などの単語)には弱いので、そのあたりは調教してあげなくてはいけません。

気になった方は公式サイトで文字数制限があったり、微調整は出来ないものの、文章の読み上げが体験出来るので是非試してみてください。VOICEROIDシリーズには他にも声色の違う子がいるので、そちらも試してみる事をお勧めします。

特に、VOICEROID+ 鷹の爪 吉田くんの性能は異常

もう、本人?が喋ってるとしか思えないほど、吉田くんボイスでしゃべります。これはヤバイw 吉田くんの中の人要らなくなっちゃうwww

VOICEROID 月読アイだけは、初期のVOICEROIDだからなのか、+が付いていません。そのぶん、性能の低下がありそうですが、使い方次第だと思います。私が月読アイを知ったのは、「風ノ旅ビトと、まほうのスカーフ」という実況動画ですが、とても上手い使い方をされていました。

さぁ、道具も揃ったことだし、私も実況動画作るぞー!
回線がアレなので、アップロードが困難なのが大問題ですが・・・(汗)

VOICEROID+ 結月ゆかり 製品紹介ページ
VOICEROID+ 民安ともえ 製品紹介ページ
VOICEROID+ 鷹の爪 吉田くん 製品紹介ページ
VOICEROID 月読アイ 製品紹介ページ
関連記事
| 雑記 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。