05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-03-29 (Thu)
諸般の事情で来月の予定を前倒しにして、カメラを携えて奈良に行ってきました!

20120387.jpg
まずは駅に近いところから。

20120388.jpg

五重の塔だー

20120389.jpg

第一鹿人発見!

20120390.jpg
20120391.jpg

写真ではモコモコしてますが、実際の障り心地はバサバサしてます。熊っぽい(熊の剥製の障り心地を思い出しながら)。お尻の白っぽい部分がもしかしたらフワフワしているかもしれませんが、触ったら嫌がって足で蹴飛ばされそうなので触れませんでした。

蹴られたら死ぬ

お腹を空かせた子は鹿せんべい売り場のまわりにたむろうので、空腹を満たしてあげようと鹿せんべいを購入したところ、周囲を囲まれて「早くくれよー」と言わんばかりに頭突きされまくってました。なんて凶暴な生き物なんだ!

取り敢えずその場を凌いで次なる鹿を求めて移動再開。

20120392.jpg
20120393.jpg

鹿せんべい目当てなのか、人の多いところには基本的に鹿も多い! たまにキューキューと変な音がするので、耳を澄ませていたら、鹿の鳴き声だと分かりました。鹿ってキューキューって鳴くんですねぇ・・・

20120394.jpg

東大寺の大仏を見てみようと向かった先にでっかい門が・・・この建物の内部には・・・

20120395.jpg
20120396.jpg

彼らが格納されてます。でっかい。写真では迫力が分からないかもですが、物凄い迫力です。

20120397.jpg
20120398.jpg

東大寺の門が見えてきたー ここから先は拝観料が必要です(大人500円)。

20120399.jpg
201203A0.jpg

ここでも鹿撮影。この辺りの鹿はエサを貰える可能性が高いのか、毛艶が良いです。近くでは鯉の餌を売っていて「鹿も食べます」と書いてありましたが、単に鹿はお腹が空きすぎて何でも良いから食べてしまうだけなのでは・・・

201203A1.jpg
201203A2.jpg
201203A3.jpg

東大寺だー! 何年ぶりに見たでしょう・・・地元民ですが、普段からそんなに行こうとは思わないので、かなり久しぶりに見ました。大仏を格納するだけなのに、こんなに大きな建物が必要なのですから、大仏の大きさも推して知るべし。

201203A4.jpg
201203A5.jpg

大仏様だ! でっかい! さっきの門の木像よりもさらにでっかい!
上を見上げっぱなしになるので、首がつらい! そのくらいでっかい!

どう見てもラスボスな雰囲気を漂わせています。

201203A6.jpg

天井裏へ登る為の階段のようなものを見掛けたので撮影。階段数が多すぎて面白いw

他にもこの内部には有名な柱の根元に穴が空いてあって、そこを通り抜け出来るのですが、恥ずかしいし、冬服を着た大人は通り抜け出来なさそうなので子供達が抜けるのを見てました。

抜けられるかどうか不安で、抜けた直後に泣き出す子がいたりw 大仏様もでかすぎて畏怖の対象みたいです。

201203A7.jpg
201203A8.jpg
201203A9.jpg

若草山経由で春日大社に向かおうとしたところ、土産物屋さんの二階に気配が!

\猫だー/

可愛いよ~ 猫かわゆす・・・どうしてそんなところにいるのかにゃ~ん? ハァハァ・・・

と、眺めていたら、猫の視線の先にある家の2階の窓が突然開いて、中から住人が。
「**ちゃん、帰っておいで~」
飼い猫だったようです。飼い主もよく、猫が帰ってきた事に気付いたね・・・

201203B0.jpg

春日大社も奥に入るには拝観料が要りますが、特に見たいものは無かったのでスルー。

みんな大好き巫女さんは、居るには居ましたが、正月時期の若い子がバイトで入っている時期ではないので
おばさんばかりでした

201203B1.jpg
201203B2.jpg

入り口付近には年季の入った狛犬。

201203B3.jpg

春日大社の入り口付近には、奉納額が一定額以上の人たちの名前が立て札として飾られているのですが・・・なんだか見覚えのある名前が・・・グリコは会社だし、奉納額が多くても不思議じゃないのですが・・・

201203B4.jpg

さ だ ま さ し

何やってるんですかーwww
歌手名とか芸名でも載せられるという事は、お金さえ持ってたら変な名前でもここに載せる事は出来そうw

201203B5.jpg
201203B6.jpg
201203B7.jpg

気を取り直して、帰るために池のある方へ。ふと階段を下りると脇に鹿が。あぁ、ビックリした! この辺りには一匹もいなかったので、まさかこんなところに居るとは思わなかったよ!

ちょっとお尻撮らせてね・・・モフモフ

その白い部分がフワフワしてるのか気になる・・・! でも、触ったら絶対怒りそう・・・!
結局触れず終いでした。いつか、確かめてみたい。

201203B8.jpg

最初に撮った建物の近くに建設中のもの。完成は・・・えらい先ですね・・・

201203B9.jpg

その近くにあった絵馬で凄いもの見つけてしまった・・・! ロ、ローラ?!
いま、巷で旬のローラとは別人だとは思いますが・・・w
半数くらいは読めない字で書いてありました。日本人より外人の方が絵馬に何か書きたがるのかな?



さて、今回の撮影小旅行はここまでですが、これから先、奈良へ行く事がある人にお願いがあります。

それは奈良の鹿たちに鹿せんべいを食べさせてあげて欲しいという事です。奈良の鹿は数年前の調査で慢性的な栄養不足状態にあるとの結果が出ており、そもそも木々は根元がかじられないよう対策がしてあったり、芝生なども豊富とはいえない為、頭数に対して食料確保には問題がありそうです。

財団法人 奈良の鹿愛護会という組織もありますが、調査や怪我の治療などが主活動であり、あくまでも野生動物として分類されている鹿たちの食料供給までとはいかないようです。

色んなものを食べられるとは思いますが、犬猫に人間の食べ物を迂闊に与えてはいけないように、鹿にも人間の食べ物をそのまま食べさせると中毒や疾患などの原因になりかねないので、一番無難だと思われる鹿せんべいを推奨します。路上や土産物店など、あちこちで売られており、どこの場所でも1セット150円で売られています。

また、ゴミなども必ず持ち帰って、捨てるならば駅やコンビニ前などに設置されているゴミ箱に捨てるようにして、鹿たちの居る場所には残さないようにして欲しいです。ごく稀に交通事故で亡くなる鹿もいますが、それ以外で寿命を全うできなかった鹿の体内からは高い確率で人間が残したゴミを食べ、それが原因で死に至るケースが多いそうです。

野生生物という分類であるも、やはり人の手が多く加わっている以上、同じ人間の手によって傷付けられる事のないよう、大切にしてあげられるよう、ご協力をお願いします。
関連記事
| 雑記 | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。