04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-10-25 (Fri)
海外で発表があってからずっと気になっていたカメラ?が国内で本日10月25日に発売となり、台風にも負けず当日配送で無事届きました。

DSC-QX100 | デジタルスチルカメラ Cyber-shot“サイバーショット” | ソニー

業界初の「レンズスタイルカメラ」という変わったジャンルのこのカメラ! デジタル一眼のレンズ部分だけを切り取ったようなデザインで、一応このままでの撮影も可能ですがファインダーや液晶画面が無いので、それらを確認する為に、AndroidやiOSを搭載したスマートフォンやタブレットが必要になります。

背面のロック機構でスマートフォンを挟み込む事によってデジカメのようなスタイルにも出来ますが、本機を活かそうと思うとやっぱり片手持ちでカメラでは得意としない構図を撮ることになります。

というわけで、開封から実機撮影画像は下記の通り。

2013010004.jpg
最近高級感を出す為に使われるようになってきた円形ケース

2013010005.jpg
背面には文字びっしり。テープを剥がすとケースが傷みます(もったいない・・・)

2013010006.jpg
中身は2段構成

2013010007.jpg
奥底には簡易マニュアルやケーブル、同梱バッテリーなど

2013010008.jpg
中身を取り出して並べるとこんな感じ

2013010009.jpg
本体はこんな感じ

実機撮影はこちらから(iPhone5Sにてスクウェアサイズにトリミングされています)

2013010010.jpg

2013010011.jpg

2013010012.jpg

デジタル一眼カメラなどに装備されているバリアングルビュー液晶モニターでも頑張れば撮れない事もないですが、カメラの大きさにビックリして避けられがちです。レンズカメラはそこまで警戒されないうえに、こういったアングルで撮るのが非常に楽です。むしろ猫も「なんぞこれ?」と近寄ってきます。



スマフォの苦手な分野をカバーし、今までにない(撮りづらい)構図での撮影を可能とし、デジイチに迫る画質を求めて導入したDSC-QX100ですが、求めた部分はおおむね希望通りに得られましたが、やっぱり問題点も多くあります。

・さっと取り出して、さっと撮影、という事が出来ない
本体の電源を入れ、スマフォ側でWi-Fi接続し、PlayMemoriesを起動して、ようやく撮影可能な状態になります。これらの手順をどれだけ早くこなしても10秒以上はかかります。本体だけでの撮影も可能ですが、構図やピントの確認が出来ないので、どういった結果になるかは予想も付かない撮影になってしまいます。

・Wi-Fiが混線しがちな場所では映像がよく途切れる(液晶画面が一時的に止まります)
レンズとスマフォを離しても画面が確認出来るのが魅力なのですが、あまり無理は出来ません。Wi-Fiが入り乱れているイベント会場とかだと、スマフォに装着したままにしないといけないくらい切れるかもしれません。

・中途半端な重量
デジイチだと本体の重量がそれなりにあるのでしっかりホールドしてブレの少ない映像を撮る事ができますが、レンズ部分だけの重量なので軽く、ブレがちです。手振れ補正はあるのでそんなに気にはなりませんが・・・しかし、軽いというには微妙に重く、片手でずっと持ち歩き、撮影していると腕が疲れてくる重さです。

とにかく最大のウリであるはずが最大の弱点にもなっているのが、スマフォとの連携です。PlayMemoriesをポンと起動すれば全て自動でやってくれれば良いのですが、そういうわけにもいかず、電源投入毎にWi-Fiの接続からやり直すのはかなりの手間です。レンズとスマフォ、両方とも起動したままにしておけば済む問題ではありますが、そうすると今度はバッテリーの問題が・・・

新しい分野との引き替えに問題を抱えるQXシリーズですが、外に持ち出せばまた別の使い道も思いつくかもしれないので、しばらく付き合いを続けていきたいと思います。
スポンサーサイト
| 撮影機材 | COM(0) |
2013-02-26 (Tue)
高価なレンズや撮影機材を沢山持っている人のレビューを読むと「中途半端なレンズを買うよりは、高級レンズを買った方が使い勝手も性能も良く、それ一本で済むようになるから安い単焦点レンズは買わない方がいい」とあったので、もっとお金が貯まってから高いレンズを買おうかと思っていたのですが・・・

別のレビューで「初心者なら安いレンズでも単焦点レンズを買ってみるべき。ズームレンズでは撮れなかった新しい世界が体感出来る」という内容の投稿を読んでしまい、お給料日だったのもあって、ニコン純正の単焦点レンズを買いました!



Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8G




マルミ marumi DHG スーパーレンズプロテクト 52mm 黒枠


マルミのレンズプロテクターは、ズームレンズの方でも使っているので。埃も傷もほんとに付きにくくてオススメ。

ニコン純正の単焦点レンズ35mm(DX)の使い勝手は
寄って撮るのが凄く楽に!

今までの撮影にもかなり寄っているものはあるのですが、かなり神経使ってようやく撮れたといったものばかりですが、単焦点ならずっと楽に撮れる・・・あと、ピントが合ってる部分はきめ細かく、ぼけている部分は綺麗にグラデーションになってる気がします(ドールの肌とか)。

室内撮影ばかりなら、単焦点レンズを着けっぱなしでいいかも・・・

まだ三脚を使った撮影をしていないので、ここから更にどんな単焦点の魅力を引き出せるかわかりませんが、何か気づき次第、また記事を書こうと思います。
| 撮影機材 | COM(0) |
2013-02-25 (Mon)


HAKUBA シリコンブロアー CP ブラック KMC-42CP-BK


Amazonで色々買ったついでに、まともなブロアーを持っていなかったので一つ買ってみました。合成ゴム製は年数が経過すると乾燥してボロボロと崩れてくるうえ、ゴム臭が強いと聞いたので、そのどちらをも克服したというシリコン製にしてみました。

もっと大きなものかと思っていたのですが、思ったほど大きくなくて本当にこの大きさで埃を吹き飛ばせるのかなと思っていましたが、想像以上に効果を発揮してくれました!

あと、試しにキーボードに吹き付けてみたら、隙間から出るわ出るわ。隙間に入り込んでいた埃が一気に出てきてビックリ。こんなに効果があるなんて・・・! カメラのメンテナンスにも使えますが、色々な電子機器にも使えそうでオススメです。
| 撮影機材 | COM(0) |
2013-02-05 (Tue)
NTT東日本にはあるのかわかりませんが、NTT西日本にはポイントシステムがあり、知らず知らずのうちに結構な額のポイントが溜まっていて、それらが近いうちに有効期限が切れてしまいますよー、という通知が来ていたので今のうちに使い切ってしまおうと、下記の商品を注文しました。
→ ReadMore
| 撮影機材 | COM(0) |
2012-03-03 (Sat)
連日のAmazonラッシュもようやく終了して落ち着きました・・・
デジイチ購入も本体とレンズを買えば済むという訳でもなく、それはもう、色々と追加で必要な品物が!
というわけで、この一週間ほどで揃えたものは下記の通り。
→ ReadMore
| 撮影機材 | COM(0) |
2012-02-26 (Sun)
先日まで、Sony Cyber-shot DSC-TX7で何でも撮っていたのですが、流石に限界を感じ、お給料が思ったより多く入ったので思い切ってデジタル一眼を購入してみました!

お迎えしたのは、デジイチ入門機としてはコストパフォーマンスがとても良く、非常に人気の高いと言われる、NikonのD5100です!

20120225.jpg

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5100 18-105VRレンズキット(AA) → ReadMore
| 撮影機材 | COM(0) |
2010-12-30 (Thu)
Sony Cyber-shot DSC-TX7 (購入店舗:デジカメオンライン

肝心のDSC-TX7の能力ですが、やはりコンパクトスリムという事で良い点と悪い点がいくつかあります。
それらを自分なりに他機種と比べたり使ってみて感じた事を書いてみたいと思います。

20101234.jpg

デザインはやっぱりSonyさんということで格好良さが前面に表れています。Panasonicは女性を意識したカラーやデザインを導入しているので、なかなか格好良さというのは無いので、格好良さを求める方はSony製品寄りになると思います。

起動はとても速いです。充電後のバッテリー挿入後、初回起動時だけはバッテリーチェックか何かあるのか、電源を投入しても画面が暗いままなかなかメイン画面が映らないのですが、以降はシャッターカバーを開いた瞬間、ロゴが一瞬出てすぐに撮影可能状態になります。

20101236.jpg

タッチパネル操作のデジカメは初めてなのですが、操作はおおむね良好です。軽くトンと触れただけだと反応しないので、爪先でタッチするか、軽く押し込むような感じで押すと反応します。爪先でタッチし続けても液晶画面にはそう傷が付くとは思えない感じでした。ただし自分はコンパクトデジカメは1~2年で世代交代してしまう消耗品だと考えているので、何年も長く使い続けようと考えている人は保護シートを貼った方が良いかもしれません。

静止画は、このサイズだとこんなものかな?といった感じです。Sonyはあまり赤みを強くしない傾向があると聞いていたのですが、その通りで、ちょっと青っぽいというか、赤を抜いた感じに仕上がります。もちろん、手動でホワイトバランスの設定を変更すれば、それなりに赤みを帯びた感じになります。

日中や明るい場所での撮影は他機種に劣るとは思います。比較として自分が持っている Panasonic DMC-TZ7と比べると、かなりの差があります。ただ、そもそもDMC-TZ7とは何から何まで作りも違うし、コンセプトも違うので、この点を比べるのは邪道とも言えます。なので「この携帯性でここまで撮れるならば充分過ぎる性能」という事にしたいと思います。コンパクトスリム機で印刷用などに使おうとは普通思わないと思うし、Webサイズにリサイズすればなんら問題ないレベルになります。

意外なことに、夜景や暗所での撮影にこの機種は非常に強いです。「手持ち夜景」という撮影モードがあるのですが、これは高速撮影を行って、それらを合成して一枚モノに仕上げるという機能です。これを使うと通常ならば暗く潰れてしまった部分も見えるようになったり、ノイズが大幅に軽減されるという素晴らしい機能です。

あと、この機種の特徴として、コンパクトスリム機なのにフルHD(1920×1080)動画撮影が行えるという事です。携帯性が良く、静止画も動画も良いレベルのものが撮れる。これが私がこの機種を選んだ理由です。

他にはスイングパノラマ撮影に対応し、スイングする方向は上下左右を指定する事が出来ます。DMC-TZ7では付属のソフトを使わないと完成図が見られなかったので、本体のみで完成までやってくれるのは嬉しい機能です。どういった場所で撮影しているのか、周囲の状況を説明したい時に活躍してくれそうです。

とまぁ、色々と書きましたが、高画素な静止画やフルHDが撮れるといった機能は正直、携帯にもあります。携帯の機能の進歩は日々めざましく、もはやデジカメに携帯機能が付いている状態といっても過言ではありません。しかし、携帯は盗撮防止のためか、法によって撮影している事を知らせる機能が強制的に付いてしまっており、私の使っているSH-06Aは、クチコミに書かれてしまうほど目立って大きな撮影音が鳴るため、撮影機会を逃す場面が多くありました。今回はそれらを解消してくれる為に買ったので、以降の撮影機会において、この一台は大いに活躍してくれる事でしょう。

20101235.jpg

余談ですが、バッテリーの持ちは非常に悪いです。予備バッテリーが必ず欲しくなるレベル。まぁ、バッテリーのサイズもDMC-TZ7の半分くらいの薄さなので仕方がないといえば、仕方がないのですが・・・

あと、購入前に散々調べていたのですがなかなか得られなかった情報として「操作音・シャッター音はオプションの操作設定から切る事が出来る」と「レンズとフラッシュの間にあるセンサーランプも設定でOFFに出来る」という点があります。まぁ携帯ではないので、どのメーカーのどの機種にも普通にありそうなオプションではありますが。

【関連記事】
タッチパネルで快適撮影、サイバーショット「DSC-TX7」4つの注目点 - ITmedia +D LifeStyle
ソニーサイバーショットDSC-TX7 - デジカメWatch
DSC-TX7とDSC-HX5V 店員の声


| 撮影機材 | COM(0) |
2010-12-30 (Thu)
Sony Cyber-shot DSC-TX7 (購入店舗:デジカメオンライン

14:00 オンラインから購入手続き
17:00 香川県の店舗より発送
21:00 クロネコデータセンターに情報が登録される(追跡可能に)
09:00 自宅に到着

はやい! 年末なのに頑張ってますね、クロネコさん!

というわけで、
今年一年頑張った自分にご褒美(スイーツ)
といった意味があるのかないのかはさておき、散々悩んだ挙げ句、SONYのスリムデジカメに決定しました。

20101230.jpg

赤いのはサイズ比較用の携帯(SH-06A)

20101231.jpg

すごく・・・小さいです・・・これは良い携帯性! まさか長辺サイズが携帯より小さいとは思わなんだ! 色んな場所に容易に収納出来るレベル。写真では分かりませんが、厚さも手持ちの携帯と同じサイズで物凄く薄いです。

20101232.jpg

20101233.jpg

同梱されていたアイテムの中で、安価そうなのに意外と役立ちそうなのがコレ。三脚穴にドッキングさせて、穴の部分に中指を入れて固定する三脚モドキのグリップなのですが、これを使うと画面が安定する・・・! 手持ち撮影時のブレが相当軽減されます。このアイテム考えた人凄いなぁ・・・

【関連記事】
タッチパネルで快適撮影、サイバーショット「DSC-TX7」4つの注目点 - ITmedia +D LifeStyle
ソニーサイバーショットDSC-TX7 - デジカメWatch
DSC-TX7とDSC-HX5V 店員の声

| 撮影機材 | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。